大型テレビとスピーカーを設置したお風呂のリフォーム

Loading
PAGE LIST

6年前に徹底的にリフォームを行なったことについて

主人と6年前に入籍することをきっかけに築15年の中古の一戸建て住宅を購入したため、私たち夫婦が快適に暮らすために室内を徹底的にリフォームすることにしました。売主の方が比較的室内をきれいに使用していたため、室内の壁紙を張り替えるだけで十分に暮らすことができそうな気もしましたが、新居として暮らすために新築同様の物件に暮らしたいと思った私は、300万円のお金を使用しリフォームを行うことによって、自分が満足する住まい作りをすることができました。

主人と暮らし始め6年という月日が経った現在、活発に動きまわる年子の子供たちのせいで室内が非常に汚くなってしまったため、300万円のお金を使用し徹底的にリフォームをするより、必要最低限のリフォームだけを行い暮らす方が良かったと後悔している私がいます。年子の子供たちを出産するまでは新築同様の物件に暮らすことができたため、今後現在の住まいに暮らし続ける場合、徹底的にリフォームを行うのではなく、費用や私たち家族の生活のことをしっかりと考え、住まいの修繕をしたいと心から思うようになりました。私にとって中古の一戸建て住宅を購入し、雨や風を凌ぐことができる住まいを手に入れることができたことがとても喜ばしいことなので、これからも現在の住まいで暮らし続けたいと思っています。

おすすめ記事

Copyright (C)2017大型テレビとスピーカーを設置したお風呂のリフォーム.All rights reserved.